Scanning the Earth Project

地球環境スキャニングプロジェクト

アーキテクチャ / Architecture

Scanning the Earth Projectでは、ソフトを含むデバイスの開発、科学的に意味のあるデータとするためのデバイスの調整、各地/移動体への設置、サーバへの情報の収集と運用、ポータルサイトによる情報の提供を行います。

The Scanning the Earth project develops devices with integrated software and coordinates a network of those devices, both fixed and mobile, to collect scientifically-meaningful data. The information is sent to servers and offered portably.

Scanning the Earthプロジェクトのアーキテクチャ

Scanning the Earthプロジェクトのアーキテクチャ

Scanning the Earth Project Architecture [ENG]

Scanning the Earth Project Architecture

 

Scanning the Earth Projectで提供する情報は下記の様に階層化されています。また、それぞれの階層における研究分野の例を「研究内容」に示してあります。

The information that the Scanning the Earth project distributes is classified as listed below. Also, each type of information has an example of the kind of research being done on it in the “Research Topics” column.

階層
Category
研究内容
Research Topics
可視化層
Visualization
  • ニアリアルタイムでの可視化手法の開発
    Development of near-realtime visualization techniques
  • リスクコミュニケーションに必要な 四次元可視化手法の開発
    Development of four-dimensional visualization techniques necessary for risk communication
空間解析層
Air Analysis
  • 時空間補間手法の開発
    Development of temporal and spatial interpolation techniques
  • 暴露リスク評価手法の開発
    Development of techniques for rating exposure risk
センサネットワーク層
Sensor Network
  • センシングデータ収集プロトコルの開発
    Development of a data-collection protocol for sensor data
  • サーバ間連携プロトコルの開発
    Development of a server coordination protocol
デバイス層
Devices
  • デバイスの開発を含めた計測手法の確立
    Development of sensor devices, including measurement techniques
  • 環境センサー用通信プロトコルの開発
    Development of a transfer protocol for environmental sensors